朝駆け・朝駈け(読み)あさがけ

大辞林 第三版の解説

スル
朝早く馬を走らせること。
早朝、不意をついて敵陣を襲うこと。 ⇔ 夜討ち
(転じて)新聞記者などが取材のために、予告せずに朝早く人の家を訪問すること。
たやすいことのたとえ。朝飯前の仕事。 左衛門が足軽十騎斗さしむけば、-に生捕て/浄瑠璃・雪女
[句項目] 朝駆けの駄賃

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

親指シフト

富士通が開発した独自のカナ文字配列とシフト方式を採用したキーボード。1980年に発売されたワープロ専用機、OASYSとともに登場した。日本語の高速入力が可能で、熱烈なファンをもつ。Macintosh用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android