コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮戦争とソ連空軍

1件 の用語解説(朝鮮戦争とソ連空軍の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

朝鮮戦争とソ連空軍

旧ソ連公文書の各種の分析によると、ソ連軍は朝鮮戦争の全期間中に計12航空師団、約7万2千人を投入。最大時で約2万5千~2万6千人のソ連兵が参戦した。ソ連人パイロットは計約6万3千回出撃、空中戦は約1400回に及び、敵機約1100機を撃墜。ソ連人パイロットの航空機は335機が撃墜された。ソ連兵らは、中国人や北朝鮮人のパイロットの教育や通信機器の操作法なども支援した。

(2010-07-03 朝日新聞 朝刊 アジア)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝鮮戦争とソ連空軍の関連キーワード公文ソ連ソ連邦アフガン侵攻AK47/AK-47ギプノペジヤ公文書館法国立公文書館法樺太島民の悲劇虚偽有印公文書作成罪と有印公文書偽造罪

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone