コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮民族敵対罪

1件 の用語解説(朝鮮民族敵対罪の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

朝鮮民族敵対罪

朝鮮通信によれば、外国人が朝鮮民族を敵視する目的で、海外に滞在する朝鮮人の人身、財産を侵害したり、民族的不和を起こしたりした場合に5年以上10年以下、罪状が重い場合は10年以上の労働教化刑に処するとされる。ラヂオプレスによると労働教化刑は、犯罪者を拘禁して教育する「教化所」に収容しながら労働をさせる刑罰。

(2009-06-09 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝鮮民族敵対罪の関連キーワード北朝鮮崔承喜朝鮮民主主義人民共和国朝鮮通信使シルム敵視KCNA外国人登録者数江戸時代の朝鮮通信使浅川巧

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone