コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮総連詐欺事件

1件 の用語解説(朝鮮総連詐欺事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

朝鮮総連詐欺事件

破綻(はたん)した朝銀信用組合の巨額の不良債権を引きついだ整理回収機構が、朝鮮総連中央本部の土地建物を競売にかけようとしたことが事件の発端となった。総連側は強制執行を適法に免れるため、本部機能を保ったままいったん売却した後に買い戻しに応じる相手を探していた。緒方元長官らは出資者を探すなどと装って資金と土地建物をだまし取ったとされる。同機構による強制執行手続きは東京地裁で認められたが、総連側が控訴し、争っている。

(2009-07-16 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝鮮総連詐欺事件の関連キーワード御用組合信用協同組合信用組合性格破綻者破綻足利銀行の経営破綻山梨県民信用組合小原鉄五郎清水及衛

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone