コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木・沐・目・默・黙 もく

大辞林 第三版の解説

もく【木・沐・目・默・黙】

【 木 】
⇒ ぼく〔木〕 [漢]
【 目 】 [音] モク ・ボク
め。 「 目睫もくしよう ・目前 ・目下 ・刮目かつもく ・耳目 ・衆目 ・注目 ・眉目びもく ・瞑目めいもく
目で見る。 「 目撃 ・目測 」
目くばせする。目で合図する。 「 目送 ・目礼 」
かなめ。重要なところ。 「 眼目 ・要目 」
かしら。 「 頭目 」
かお。ようす。本来の姿。 「 面目めんぼくめんもく) ・真しん面目 」
見出し。標題。 「 目次 ・目録 ・書目 ・題目 ・品目 」
小わけ。条文などの小わけ。 「 項目 ・細目 ・条目 」
生物分類上の一段階。綱の下。科の上。 「 亜目 ・甲虫目 」
【 沐[音] モク
髪を洗う。 「 沐浴 ・斎戒沐浴 」
【 黙 ( 默 ) 】 [音] モク
だまる。ものを言わない。 「 黙然 ・黙想 ・黙禱もくとう ・黙読 ・黙念 ・黙秘 ・黙考 ・寡黙 ・沈黙 」
言葉に表さない。 「 黙殺 ・黙認 ・黙許 ・黙契 ・暗黙 」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone