木下 保(読み)キノシタ タモツ

20世紀日本人名事典の解説

木下 保
キノシタ タモツ

昭和期の声楽家(テノール) 洗足学園大名誉教授。



生年
明治36(1903)年10月14日

没年
昭和57(1982)年11月11日

出身地
兵庫県

学歴〔年〕
東京音楽学校〔大正15年〕卒

主な受賞名〔年〕
紫綬褒章〔昭和46年〕,勲三等瑞宝章〔昭和52年〕

経歴
昭和7〜10年ベルリン音大留学。のちイタリアで学んだ。マルガレーテ・ネトケ・レーベ、ギュンター・ワイセンボルンに師事。東京音楽学校在学中モーツァルトのミサ曲でデビュー。以後ドイツ・リート、日本歌曲などで演奏活動。戦後21年カニオを歌ってオペラ・デビュー。藤原歌劇団でロドルフォ、タンホイザー、ドン・ホセ、ローエングリンピンカートン、アルフレード、團伊玖磨「夕鶴」の与ひょうなどを歌い、合唱指揮者としても活動。一方武蔵野音大、東京芸大、大阪音大、広大、洗足学園大、武庫川女子大、純心短大などで後進指導。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

木下 保
キノシタ タモツ


職業
声楽家

専門
テノール

肩書
洗足学園大名誉教授

生年月日
明治36年 10月14日

出身地
兵庫県

学歴
東京音楽学校〔大正15年〕卒

経歴
昭和7〜10年ベルリン音大留学。のちイタリアで学んだ。マルガレーテ・ネトケ・レーベ、ギュンター・ワイセンボルンに師事。東京音楽学校在学中モーツァルトのミサ曲でデビュー。以後ドイツ・リート、日本歌曲などで演奏活動。戦後21年カニオを歌ってオペラ・デビュー。藤原歌劇団でロドルフォ、タンホイザー、ドン・ホセ、ローエングリン、ピンカートン、アルフレード、団伊玖磨「夕鶴」の与ひょうなどを歌い、合唱指揮者としても活動。一方武蔵野音大、東京芸大、大阪音大、広大、洗足学園大、武庫川女子大、純心短大などで後進指導。

受賞
紫綬褒章〔昭和46年〕,勲三等瑞宝章〔昭和52年〕

没年月日
昭和57年 11月11日 (1982年)

伝記
オペラ歌手奮闘物語―繰り返せない旅だから〈4(最終巻)〉 畑中 良輔 著(発行元 音楽之友社 ’09発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

木下 保 (きのした たもつ)

生年月日:1903年10月14日
昭和時代の声楽家;音楽教育者。洗足学園大学教授
1982年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木下 保の関連情報