木下 茂男(読み)キノシタ シゲオ

20世紀日本人名事典の解説

明治〜昭和期の教育者



生年
明治15(1882)年3月18日

没年
昭和26(1951)年4月19日

出生地
長野県下伊那郡竜丘村(現・飯田市)

別名
号=紫水

学歴〔年〕
東京美術学校中退

経歴
旧制松本中学飯田支校を経て長野県師範学校の講習生となる。一時期、郷里の小学校に勤務するが、のち職を辞して上京し、東京美術学校予科に入学。しかし、間もなく帰郷を命じられ、以後しばらくは教員や郡役所書記など職を転々とした。大正1年再び長野県師範学校に入り、図画手工科専任教員の資格を取得。次いで郷里長野県飯田の竜丘小学校の図画教師となり、洋画家山本鼎の影響を受けて児童の創造性を重視した自由画教育を実践。8年には同校で第2回児童自由画展を開催した。昭和7年に退職

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android