木割り・木割(読み)きわり

大辞林 第三版の解説

きわり【木割り・木割】

木を割ること。まき割り。
建築や和船の建造で、各部材の寸法の割合を定めること。また、その割合を定める方式。木砕きくだき
円筒形の鏃やじり。当たる勢いが強い。 「石櫧いちいの-を十四五射立てて/義経記 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android