コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木地師(きじし)

1件 の用語解説(木地師(きじし)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

木地師(きじし)

木で椀(わん)や盆などの器を作る職人。「ろくろ」を使うことから「ろくろ師」とも呼ばれる。古くは、山で集団生活を送り、一定量の木を使うと別の山に移る生活様式だったが、明治以後は次第に定住し、集団性も薄れた。 9世紀(平安前期)に近江国小椋(おぐら)谷(現・滋賀県東近江市)に隠棲(いんせい)していた皇族の惟喬(これたか)親王が、森林に携わる人たちに器作りを勧め、朝廷や幕府の許可を受けた職人集団が各地に広がった――との説が有力だ。

(2015-02-16 朝日新聞 朝刊 岐阜全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木地師(きじし)の関連情報