コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木島菅麿 きじま すがまろ

1件 の用語解説(木島菅麿の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

木島菅麿

江戸後期の歌人。信濃松代の人。通称舎人、篠之舎、号は篠廻舎、晴山。賀茂真淵の門人。藩主真田幸貫の寵を受け当時菅麿の門人ならではといえる程の歌名があった。著書『木積集』『松廼百枝』等。服部高保と親交があった。天保7年(1836)歿。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木島菅麿の関連キーワード紀親成上田元彊西山澄月菅江嶺市岡みち子斎藤抱山宇野億中杉浦盛樹関橋守高橋正翁

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone