コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木戸 幸一 キド コウイチ

20世紀日本人名事典の解説

木戸 幸一
キド コウイチ

昭和期の政治家 内大臣;厚相;文相。



生年
明治22(1889)年7月18日

没年
昭和52(1977)年4月6日

出生地
東京

学歴〔年〕
京都帝大法科大学政治学科〔大正4年〕卒

経歴
木戸孝允養嗣子・孝正の子。大正4年農商務省に入省。商工省会計、文書各課長を経て、昭和5年宮内官に転じ、内大臣秘書官長兼宮内省参事官、8年宮内省宗秩寮総裁兼任。この間、大正6年侯爵を継ぎ、貴族院議員。昭和12年第1次近衛内閣の文相厚相、14年平沼内閣の内相を歴任。15年6月内大臣に就任、昭和天皇の第一側近となり、重臣会議や後継首相の推挙に重大な発言力を持つようになる。同年第2次近衛内閣を成立させ、16年には東条英機陸相をその後継首班に推挙、内府の権限を強大なものにして政治主流に身を置いた。戦争末期には本土決戦派を抑えてポツダム宣言受諾を導いた。戦後、A級戦犯として終身刑を宣告されたが、30年仮釈放、33年赦免。この間、27年に獄中から天皇退位を進言した。東京裁判に提出された日記は41年「木戸幸一日記」(全3巻)として公刊され、昭和政治史研究の基本資料となっている。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

木戸 幸一
キド コウイチ


肩書
厚相,文相,内大臣

生年月日
明治22年7月18日

出生地
東京

学歴
京都帝大法科大学政治学科〔大正4年〕卒

経歴
木戸孝允の養嗣子・孝正の子。大正4年農商務省に入省。商工省会計、文書各課長を経て、昭和5年宮内官に転じ、内大臣秘書官長兼宮内省参事官、8年宮内省宗秩寮総裁兼任。この間、大正6年侯爵を継ぎ、貴族院議員。昭和12年第1次近衛内閣の文相・厚相、14年平沼内閣の内相を歴任。15年6月内大臣に就任、昭和天皇の第一側近となり、重臣会議や後継首相の推挙に重大な発言力を持つようになる。同年第2次近衛内閣を成立させ、16年には東条英機陸相をその後継首班に推挙、内府の権限を強大なものにして政治主流に身を置いた。戦争末期には本土決戦派を抑えてポツダム宣言受諾を演出。戦後、A級戦犯として終身刑を宣告されたが、30年仮釈放、33年赦免。この間、27年に獄中から天皇退位を進言した。東京裁判に提出された日記は41年「木戸幸一日記」(全3巻)として公刊され、昭和政治史研究の基本資料となっている。

没年月日
昭和52年4月6日

家族
祖父=木戸 孝允 長男=木戸 孝澄(日本勧業角丸証券顧問) 二男=木戸 孝彦(弁護士) 三女=井上 和子(宮内庁侍従職女官長)

出典|日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について | 情報

367日誕生日大事典の解説

木戸 幸一 (きど こういち)

生年月日:1889年7月18日
昭和時代の政治家。貴族院議員;内大臣
1977年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

木戸 幸一の関連キーワード極東国際軍事裁判西園寺公と政局幣原喜重郎内閣飯島 与志雄朝比奈 宗源宮廷グループ終戦反対事件東条英機内閣徳川 義寛湯浅 倉平井上 三郎原田 熊雄西園寺公望和田 小六原田熊雄終戦工作木戸日記近衛文麿生年月日

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木戸 幸一の関連情報