コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木曽川の渡船

1件 の用語解説(木曽川の渡船の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

木曽川の渡船

江戸時代は約2キロおきに渡船場があった。1920年代初めは船賃1回5銭だったが、戦後の混乱が落ち着き始めたころ今の県営となり、無料になった。69年の東海大橋開通などの結果、木曽川を渡す渡船は愛西市葛木町の670メートルを結ぶ葛木渡船と、同市塩田町と岐阜県海津市の792メートルを結ぶ日原渡船が残った。

(2010-01-17 朝日新聞 朝刊 名古屋 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone