コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木曽駒ケ岳の学校登山遭難

1件 の用語解説(木曽駒ケ岳の学校登山遭難の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

木曽駒ケ岳の学校登山遭難

1913年8月、中箕輪尋常高等小学校高等科2年(現箕輪中学2年)の「修学旅行」で起きた。台風級の低気圧で、一行37人のうち校長・生徒9人・卒業生1人の計11人が死亡した。初日の26日夕、予定の小屋に着いたが、小屋は荒れていた。生徒1人が翌朝死亡。残る全員が暴風雨の中で下山を目指したが、相次いで倒れた。新田次郎の小説「聖職の碑(いしぶみ)」(76年刊)と鶴田浩二主演の同名の映画(78年上映)で広く知られるようになった。

(2012-08-30 朝日新聞 朝刊 長野東北信 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木曽駒ケ岳の学校登山遭難の関連キーワード尋常小学校下等小学高等科高等小学校尋常高等小学校赤羽長重小林栄佐伯右文原来太郎山崎兵蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone