木村 久一(読み)キムラ キュウイチ

20世紀日本人名事典の解説

木村 久一
キムラ キュウイチ

大正・昭和期の教育学者,編集者 平凡社「大百科事典」編集長。



生年
明治16(1883)年7月5日

没年
昭和52(1977)年2月28日

出生地
山形県

学歴〔年〕
東京帝大文科大学哲学科〔大正2年〕卒

経歴
麻布中学校教諭、青山女学院、早稲田大学などで心理、教育学を講じた。早教育の提唱者。昭和6年下中弥三郎に請われ平凡社に入り、「大百科事典」編集長となった。エンサイクロペディアに事典の訳語を当てたのは木村の案といわれる。欧米の事典を参照し6〜10年にかけ日本初の大規模な百科事典(全28巻)を完成し「百科事典の平凡社」の名を高めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android