木村 庄之助(21代目)(読み)キムラ ショウノスケ

20世紀日本人名事典の解説

木村 庄之助(21代目)
キムラ ショウノスケ

明治〜昭和期の大相撲行司 立行司。



生年
明治22(1889)年4月1日

没年
昭和45(1970)年11月25日

出生地
長野市稲荷山町

本名
竹内 重門(タケウチ シゲカド)

別名
前名=式守 与之吉,式守 勘太夫,木村 玉之助,式守 伊之助(17代目)(シキモリ イノスケ),年寄名=立田川

経歴
井筒部屋に入り、のち伊勢ノ海部屋、時津風部屋に移籍。明治32年1月初土俵。大正11年幕内格、昭和2年三役格となり、14年1月17代目伊之助、15年5月21代目庄之助を襲名。26年5月引退、36年廃業。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android