木村 庄之助(24代目)(読み)キムラ ショウノスケ

20世紀日本人名事典の解説

木村 庄之助(24代目)
キムラ ショウノスケ

明治〜昭和期の大相撲行司 立行司。



生年
明治34(1901)年8月15日

没年
昭和48(1973)年9月19日

出生地
千葉県白子町

本名
緑川 義(ミドリカワ ヨシ)

別名
前名=木村 義松,式守 伊三郎,式守 鬼一郎,式守 伊之助(20代目)(シキモリ イノスケ)

経歴
阿武松部屋に入り、明治44年5月初土俵。昭和18年幕内格、22年三役格となり、35年1月20代目伊之助、38年1月24代目庄之助を襲名。41年廃業。のち神官となる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android