木村 庄之助(24代目)(読み)キムラ ショウノスケ

20世紀日本人名事典の解説

木村 庄之助(24代目)
キムラ ショウノスケ

明治〜昭和期の大相撲行司 立行司。



生年
明治34(1901)年8月15日

没年
昭和48(1973)年9月19日

出生地
千葉県白子町

本名
緑川 義(ミドリカワ ヨシ)

別名
前名=木村 義松,式守 伊三郎,式守 鬼一郎,式守 伊之助(20代目)(シキモリ イノスケ)

経歴
阿武松部屋に入り、明治44年5月初土俵。昭和18年幕内格、22年三役格となり、35年1月20代目伊之助、38年1月24代目庄之助を襲名。41年廃業。のち神官となる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android