木村 武山(読み)キムラ ブザン

20世紀日本人名事典の解説

木村 武山
キムラ ブザン

明治〜昭和期の日本画家



生年
明治9年7月13日(1876年)

没年
昭和17(1942)年11月29日

出生地
茨城県西茨城郡笠間町(現・笠間市)

本名
木村 信太郎

学歴〔年〕
東京美術学校(現・東京芸術大学)日本画科〔明治29年〕卒

経歴
川端玉章に師事。岡倉天心と新日本画運動を進め、明治31年日本美術院の結成に参加、その中心画家として活躍。39年日本美術院改組の時、第1部教育主任となり、同院の五浦移転には横山大観らと天心に従った。また大正3年の日本美術院再興には同人として尽力した。日本絵画協会共進会第5回展から第13回展まで何度も受賞、文展で40年「阿房劫火」、43年「孔雀明王」が受賞した。壮麗な色彩の仏画が多い。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

木村 武山 (きむら ぶざん)

生年月日:1876年7月13日
明治時代-昭和時代の日本画家
1942年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木村 武山の関連情報