木村 長七(読み)キムラ チョウシチ

20世紀日本人名事典の解説

木村 長七
キムラ チョウシチ

明治期の実業家 古河本店理事長。



生年
嘉永5年5月22日(1852年)

没年
大正11(1922)年8月12日

出生地
京都府

別名
幼名=豊四郎

経歴
幕末に米穀生糸商・小野組に入り、のち同組横浜支店長となり生糸の輸出取引に関係。明治10年同組倒産後、古河市兵衛のもとで銅山経営に当たり、21年足尾銅山鉱業所長、30年古河本店理事となり、36年市兵衛の死と共に理事長に就任。38年古河鉱業会社監事長、42年理事長を歴任。2代目主人古川潤吉没後、3代目幼主古川虎之助の後見人となった。大正2年引退し、古河合名会社顧問、古河家相談役となる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

木村 長七 (きむら ちょうしち)

生年月日:1852年5月22日
明治時代の実業家
1922年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android