木村金秋

美術人名辞典の解説

木村金秋

幕末・明治の日本画家。尾張藩士橋本義俊の第四子。名は充恒、通称は鍬吉、号に蓬乾舎。木村喜蔵の家を嗣ぐ。森高雅に土佐派の画法を学び、古典の研究をし、特に藤原信実田中訥言に私淑して一家を成した。葦原眉山・奥村石蘭らと同好社を組織。また小田切春江と『凶荒図録』を著し、工芸品の意匠改良につとめ、明治期の美術興隆に尽くした。大正6年(1917)歿、85才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android