木村 義雄(読み)キムラ ヨシオ

20世紀日本人名事典の解説

木村 義雄
キムラ ヨシオ

大正・昭和期の棋士 将棋第14世名人。



生年
明治38(1905)年2月21日

没年
昭和61(1986)年11月17日

出生地
東京都江東区本所

学歴〔年〕
慶応普通部中退

主な受賞名〔年〕
紫綬褒章〔昭和35年〕,勲三等旭日中綬章〔昭和53年〕

経歴
大正5年13世名人関根金次郎に入門、昭和1年8段となる。10年世襲制が廃止され、実力名人制がしかれると共に第1期名人となり、通算8期10年間保持する。将棋大成会、日本将棋連盟各会長を歴任。戦後、順位戦制度を提唱。27年引退し、第14世名人となる。27年引退。この間1300局の公式対局を行い、8割以上の勝率を残した。著書に「将棋大観」「木村義雄実戦集」「ある勝負師の生涯」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

木村 義雄
キムラ ヨシオ


肩書
元・衆院議員(自由党)

生年月日
明治30年8月

出身地
山口県長門市仙崎

学歴
岡山医専〔大正10年〕卒

経歴
昭和12年油谷町で産婦人科医を開業。21年4月から衆院議員を1期、40年から油谷町長を1期務めた。

受賞
勲四等瑞宝章〔昭和46年〕

没年月日
昭和63年5月27日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

木村 義雄 (きむら よしお)

生年月日:1905年2月21日
大正時代;昭和時代の棋士。将棋第14世名人;日本将棋連盟会長
1986年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木村 義雄の関連情報