コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木津宗泉 きづ そうせん

美術人名辞典の解説

木津宗泉

茶人。二世宗詮の末子。号は聿斎・卜深庵・宗泉。父祖の業を継ぎ、幼少の武者小路千家九世愈好斎をたすけ、武者小路千家家元預りとなる。また、茶室・茶庭の設計に長じ、晩年看松居・菜種庵・興福寺興善院などを設計。一代限りの宗泉の名を賜る。著者多数。大阪に住した。昭和14年(1939)歿、78才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android