コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木瀬随宜

美術人名辞典の解説

木瀬随宜

歌学者。通称作兵衛。名は正房、号は三之・竹林斎。山城宇治群生、近江大津住。里村昌琢門人。下河辺長流戸田茂睡契沖等より先んじて出、識見は時流に擢んでるものであった。またその作歌は近世歌学において先駆をなした。松永貞徳と親交あり。著書に『三輪若宮縁起』がある。元禄8年(1695)歿、90才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android