コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木瀬随宜

1件 の用語解説(木瀬随宜の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

木瀬随宜

歌学者。通称作兵衛。名は正房、号は三之・竹林斎。山城宇治群生、近江大津住。里村昌琢門人。下河辺長流戸田茂睡・契沖等より先んじて出、識見は時流に擢んでるものであった。またその作歌は近世歌学において先駆をなした。松永貞徳と親交あり。著書に『三輪若宮縁起』がある。元禄8年(1695)歿、90才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木瀬随宜の関連キーワード長野美波留長尾華陽横山興孝作兵衛長田作兵衛木瀬三之紀太理兵衛(5代)小山儀森為泰安田作兵衛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone