木瀬随宜

美術人名辞典の解説

木瀬随宜

歌学者。通称作兵衛。名は正房、号は三之・竹林斎。山城宇治群生、近江大津住。里村昌琢門人。下河辺長流戸田茂睡契沖等より先んじて出、識見は時流に擢んでるものであった。またその作歌は近世歌学において先駆をなした。松永貞徳と親交あり。著書に『三輪若宮縁起』がある。元禄8年(1695)歿、90才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android