木蓮子葛(読み)いたびかずら

大辞林 第三版の解説

いたびかずら【木蓮子葛】

クワ科の常緑つる性低木。関東以西の暖地に分布する。茎は長く伸び、気根を出して木や石につく。葉は長楕円形で先がとがる。夏、葉腋ようえきにイチジク状の花囊のうをつけ、秋に紫黒色に熟す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android