木辺 孝慈(読み)キベ コウジ

20世紀日本人名事典の解説

木辺 孝慈
キベ コウジ

明治〜昭和期の真宗木辺派僧侶 真宗木辺派第20世門主。



生年
明治14(1881)年4月11日

没年
昭和44(1969)年1月23日

出生地
京都府京都市下京区

旧姓(旧名)
大谷

別名
幼名=嶺麿,前名=尊行

経歴
真宗本願寺派(西本願寺)第21世法主・光尊(明如)の二男。西本願寺筆頭連枝であったが、明治27年木辺淳慈の養子となり、木辺派を継いで法名尊行を孝慈と改名。28年第20世門主(真宗木辺派管長)となった。29年男爵。生来の学問好きで、宗乗、余乗、普通学を麻田駒之助前田慧雲、辻円証に学び、真宗教義を是山恵覚に、法華玄義摩訶止観を天台宗田村徳海に、即身成仏義を真言宗玉山隆延に、唯識を法相宗佐伯定胤に、禅道を豊田毒堪に、哲学を野々村直太郎に学んだ。大正2年に広島へ巡教、11年には真宗開宗七百年記念伝導に出るなど地方巡教の旅を続けた。また荒廃した錦織寺再興のため維持会財団を組織、殿堂を修復した。著書に「宗祖の自行」「教行信証の大意」「御親教集」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android