コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木造住宅の耐震診断

1件 の用語解説(木造住宅の耐震診断の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

木造住宅の耐震診断

建築士が基礎や建材などの強度を調べ、国の指標にもとづく評点が1・0以上なら「一応倒壊しない」、1・0未満~0・7以上は「倒壊の可能性あり」、0・7未満は「倒壊の可能性が高い」とされる。神戸市によると、費用は一般的な木造2階建て住宅で一般診断5万~10万円、精密診断10万~20万円。

(2010-01-14 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木造住宅の耐震診断の関連キーワード吸収係数建材建築士構造設計破壊試験建築士法耐震強度耐震強度偽装事件耐震偽装事件1等材

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木造住宅の耐震診断の関連情報