木造住宅密集地域(木密)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

木造住宅密集地域(木密)

関東大震災や第2次世界大戦の被害を受けず、高度経済成長期に無秩序に建物が造られたのが原因とされる。JR山手線の外周部に沿って帯状に広がる。東京都が「木密」としているのは、空き地耐火建築物の面積割合「不燃領域率」が60%未満の1万6千ヘクタール。特に建物の倒壊や火災危険度が高い計28地域7千ヘクタールを「整備地域」、その中でも計11地域2400ヘクタールを「重点整備地域」としている。

(2011-12-17 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android