コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木遣り唄 きやりうた

大辞林 第三版の解説

きやりうた【木遣り唄】

民謡。木遣りの際に唄う唄。力をそろえるためのもので、音頭取りが唄っている間は休み、他の全員が囃はやす時に、それに合わせて引く。また、祭礼の山車だし・山鉾やまぼこを引く時に唄うものをもいう。木遣り節。木遣り音頭。木遣り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

木遣り唄の関連キーワード木遣り始め木遣り音頭松本理沙葦川菜月木遣崩し木遣り節音頭取り木遣り戸島花音頭

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android