コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木頭[村] きとう

1件 の用語解説(木頭[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きとう【木頭[村]】

徳島県南西部,那賀郡の村。人口1948(1995)。剣山の南側に位置し,那賀川本流の最上部を占める。西と南は高知県に接し,県内では阿南市に次ぐ広い面積(232.1km2)を有する。祖谷(いや)とともに阿波の秘境と称されたが,国道195号線の整備が進み,高知県境の四ッ足堂峠にトンネルが開通するとともに生活環境は一変した。林野率は高く,全山が杉の大森林地帯で,木頭林業の中心地をなす。従来いかだ流しされていた木材は那賀川総合開発事業によるダムの出現とともに陸送に切り替えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

木頭[村]の関連キーワード木頭那賀川大竹君津美浜高の瀬峡鷲の里わじき旭若松

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone