コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木食・木喰 もくじき

1件 の用語解説(木食・木喰の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

もくじき【木食・木喰】

(木食応其おうご)(1536~1608) 戦国・安土桃山時代の真言宗の僧。近江の人。もと武士であったが高野山で出家。豊臣秀吉の高野山攻めに際し、和議を斡旋あつせんしてその帰依を受け、金堂の再建や興山寺・青巌寺の建立など、高野山の再興に努めた。連歌もよくし、「無言抄」などの著書がある。
(木食五行ごぎよう)(1718~1810) 江戸中・後期の僧。甲斐の人。四五歳で木食戒を受け、のち諸国を行脚しながら、多くの素朴にして円満な相の木彫仏を制作、各地に三〇〇体以上が現存。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

木食・木喰の関連キーワードNゲージ調書(訴訟法)否認権少弐資元タリコナミドル級えとう窓口訴訟記録iPod

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone