木食虫・木蠧虫(読み)きくいむし

大辞林 第三版の解説

きくいむし【木食虫・木蠧虫】

キクイムシ科の甲虫の総称。体は一般に黒褐色の円筒形でかたく、体長1~9ミリメートル。幼虫・成虫とも樹木の皮下や材部を食害する。林業の害虫。世界中に約七千種が知られる。
甲殻綱等脚目の節足動物。体は黄白色の円筒形で、体長3ミリメートル 内外。木造船の船底や海中の木材を食害する。全世界に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android