コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

未き まだき

大辞林 第三版の解説

まだき【未き】

( 副 )
早い時期・時点。まだその時期にならないうち。単独で、または「に」を伴って、「早くも」「早々と」の意で副詞的に用いることが多い。 「朝-」 「恋すてふ我が名は-立ちにけり/拾遺 恋一

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

未きの関連キーワード継体・欽明朝の内乱味・未・魅六十干支朝鮮本拾遺干支単独専日