未き(読み)まだき

大辞林 第三版の解説

まだき【未き】

( 副 )
早い時期・時点。まだその時期にならないうち。単独で、または「に」を伴って、「早くも」「早々と」の意で副詞的に用いることが多い。 「朝-」 「恋すてふ我が名は-立ちにけり/拾遺 恋一

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android