末広亭辰丸(2代)(読み)すえひろてい たつまる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末広亭辰丸(2代) すえひろてい-たつまる

1878-1908 明治時代の浪曲師。
明治11年生まれ。初代末広亭辰丸の門にはいり,小辰丸から2代を襲名。新聞小説の尾崎紅葉金色夜叉」や菊池幽芳「己が罪」などを浪曲化して評判をとり,将来を期待されたが,明治41年9月19日病没。31歳。石川県出身。本名は福島信太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android