コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末広亭辰丸(2代) すえひろてい たつまる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末広亭辰丸(2代) すえひろてい-たつまる

1878-1908 明治時代の浪曲師。
明治11年生まれ。初代末広亭辰丸の門にはいり,小辰丸から2代を襲名。新聞小説の尾崎紅葉金色夜叉」や菊池幽芳「己が罪」などを浪曲化して評判をとり,将来を期待されたが,明治41年9月19日病没。31歳。石川県出身。本名は福島信太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

末広亭辰丸(2代)の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android