コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末広亭辰丸(2代) すえひろてい たつまる

1件 の用語解説(末広亭辰丸(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末広亭辰丸(2代) すえひろてい-たつまる

1878-1908 明治時代の浪曲師。
明治11年生まれ。初代末広亭辰丸の門にはいり,小辰丸から2代を襲名。新聞小説尾崎紅葉金色夜叉」や菊池幽芳「己が罪」などを浪曲化して評判をとり,将来を期待されたが,明治41年9月19日病没。31歳。石川県出身。本名は福島信太郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

末広亭辰丸(2代)の関連キーワード東京(都)フェノロサフランス映画光の科学史監獄法新聞小説エアトンメンデンホールローレンツ金子堅太郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone