末松 太平(読み)スエマツ タヘイ

20世紀日本人名事典の解説

末松 太平
スエマツ タヘイ

昭和期の陸軍大尉



生年
明治38(1905)年9月1日

没年
平成5(1993)年1月17日

出生地
福岡県門司市

学歴〔年〕
陸士〔昭和2年〕卒

経歴
陸士時代の大正14年ごろ、西田税を知り青年将校運動に関係。昭和2年少尉、青森の歩兵第5連隊配属。6年陸軍戸山学校に甲種学生として派遣され、青年将校らと右翼との会「郷詩会」に参加、同年秋の10月事件に連名。11年2月の2.26事件には青森連隊所属の大尉で、直接参加はしなかったが、支援活動をしたため免官、禁錮4年の刑に服した。著書に「私の昭和史」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android