コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多忠利(2) ほんだ ただとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多忠利(2) ほんだ-ただとし

1635-1700 江戸時代前期の大名。
寛永12年生まれ。本多忠義(ただよし)の次男。将軍徳川家綱につかえ,寛文2年父の領内の陸奥(むつ)白河(福島県)で1万石を分与される。奏者番,寺社奉行をつとめる。延宝9年三河(愛知県)挙母(ころも)藩主本多家初代。元禄(げんろく)13年5月8日死去。66歳。通称は一学。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

本多忠利(2)の関連キーワードリシュリュー(Armand Jean du Plessis de Richelieu)ラマッツィニクレメンス11世石垣永将ファフル・ウッディーン2世スペイン演劇徳川家光綾部道弘李澄淵安宅丸

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android