コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本如上人 ほんにょ しょうにん

美術人名辞典の解説

本如上人

江戸後期の浄土真宗の僧。西本願寺十九世。諱は光摂、字は不捨、画号は碧山、謚号は信明院。西本願寺十八世文如上人の次男。摂政九条兼実の猶子となり光崇と称す。三業惑乱の諍論を裁断して真宗の正義を護持顕正した。御影堂の修復や、親鸞聖人五百五十回忌法要の遂行などの大事業を成し遂げる。また、画を吉村孝敬に師事し能くした他、詩歌・茶道・陶技にも秀でた。文政9年(1826)寂、49才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

本如上人の関連キーワード仁阿弥道八暉宣上人大谷光沢広如上人

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android