コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本態性振戦(老人性振戦/家族性振戦) ほんたいせいしんせんろうじんせいしんせんかぞくせいしんせんEssential Tremor

家庭医学館の解説

ほんたいせいしんせんろうじんせいしんせんかぞくせいしんせん【本態性振戦(老人性振戦/家族性振戦) Essential Tremor】

[どんな病気か]
 50歳以上の人にみられる震(ふる)えで、からだのどこにでもおこりますが、通常は、片側の手、ついで腕、反対側の手、腕と伝わっていくことが多いようです。発症に男女差はありません。
 頭やくびの震えで始まることもありますが、この場合は、自分よりも周囲の人に指摘されて気づくことが多いようです。少量の飲酒で、これらの症状が軽くなることがあります。
 原因は不明ですが、血のつながった家族にも同じ症状の人のいるケースがあるので、遺伝性の要素があるのかもしれません。
 パーキンソン病とまちがわれることがありますが、パーキンソン病とはちがい、筋肉がかたくならないこと、方向転換時に倒れたりする姿勢反射異常がないことで明確に区別がつきます。
[治療]
 β遮断薬(ベータしゃだんやく)(ブロッカー)のプロプラノロールを内服します。抗けいれん薬のプリミドン(マイソリン)が有効なこともあります。
 一般的には、日常生活に悪影響をおよぼすことはほとんどないのですが、震えがきわめて強く、薬が効かず、日常生活に支障のある場合は、定位脳手術(ていいのうしゅじゅつ)(コラム「定位脳手術」)により、脳の一部を破壊する外科的な治療法もあります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

本態性振戦(老人性振戦/家族性振戦)の関連キーワード脳、神経のはたらきの衰えと症状、疾患

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android