コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本松斎一甫(初代) ほんしょうさい いっぽ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本松斎一甫(初代) ほんしょうさい-いっぽ

?-1872 江戸後期-明治時代の華道家。
下総(しもうさ)生実(おゆみ)藩(千葉県)藩士という。3代本松斎一鯨(いっけい)に遠州流華道をまなび,はじめ6代松養斎一伯と称する。のち一鯨をついだが,流派の中の争いから一甫と改名,初代となった。明治5年8月17日死去。姓は海野・通称は一郎右衛門,のち市兵衛。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

本松斎一甫(初代)

没年:明治5(1872)
生年:生年不詳
幕末維新期,浅草に住んだ遠州流下谷派の挿花師匠。江戸小川町猿楽の生まれ。本名海野市郎右衛門。旗本森川出羽守の家来といわれる。江戸中期以降,遠州流を名乗る花道各派があるが,これは高名な大名茶人小堀遠州の名にあやかったものであろう。遠州流下谷派の祖は日寛上人こと本松斎(唐松斎)一得といわれ,一甫の以前に本松斎一鯨を称える3人の花人がいるが,一得,一鯨,一甫たちが業学したはずの当時の遠州流の花論や技法,伝習心得については,何ひとつ定かでない。明治時代に9代本松斎一甫の活躍が目立つ。昭和14(1939)年に中居一伯が,家元14世を継承している。

(岡田幸三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

本松斎一甫(初代)の関連キーワード松養斎一伯(8代)

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android