コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本松斎一甫(初代) ほんしょうさい いっぽ

2件 の用語解説(本松斎一甫(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本松斎一甫(初代) ほんしょうさい-いっぽ

?-1872 江戸後期-明治時代の華道家。
下総(しもうさ)生実(おゆみ)藩(千葉県)藩士という。3代本松斎一鯨(いっけい)に遠州流華道をまなび,はじめ6代松養斎一伯と称する。のち一鯨をついだが,流派の中の争いから一甫と改名,初代となった。明治5年8月17日死去。姓は海野・通称は一郎右衛門,のち市兵衛

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

本松斎一甫(初代)

没年:明治5(1872)
生年:生年不詳
幕末維新期,浅草に住んだ遠州流下谷派の挿花師匠。江戸小川町猿楽の生まれ。本名海野市郎右衛門。旗本森川出羽守の家来といわれる。江戸中期以降,遠州流を名乗る花道各派があるが,これは高名な大名茶人小堀遠州の名にあやかったものであろう。遠州流下谷派の祖は日寛上人こと本松斎(唐松斎)一得といわれ,一甫の以前に本松斎一鯨を称える3人の花人がいるが,一得,一鯨,一甫たちが業学したはずの当時の遠州流の花論や技法,伝習心得については,何ひとつ定かでない。明治時代に9代本松斎一甫の活躍が目立つ。昭和14(1939)年に中居一伯が,家元14世を継承している。

(岡田幸三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

本松斎一甫(初代)の関連キーワード富岡製糸場竹本長十郎マレー吉沢検校(2代)ダヴィデゴンブルサ事件清水喜助アルルの女小樽(市)果樹園芸

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone