コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本松斎一甫(初代) ほんしょうさい いっぽ

2件 の用語解説(本松斎一甫(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本松斎一甫(初代) ほんしょうさい-いっぽ

?-1872 江戸後期-明治時代の華道家。
下総(しもうさ)生実(おゆみ)藩(千葉県)藩士という。3代本松斎一鯨(いっけい)に遠州流華道をまなび,はじめ6代松養斎一伯と称する。のち一鯨をついだが,流派の中の争いから一甫と改名,初代となった。明治5年8月17日死去。姓は海野・通称は一郎右衛門,のち市兵衛

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

本松斎一甫(初代)

没年:明治5(1872)
生年:生年不詳
幕末維新期,浅草に住んだ遠州流下谷派の挿花師匠。江戸小川町猿楽の生まれ。本名海野市郎右衛門。旗本森川出羽守の家来といわれる。江戸中期以降,遠州流を名乗る花道各派があるが,これは高名な大名茶人小堀遠州の名にあやかったものであろう。遠州流下谷派の祖は日寛上人こと本松斎(唐松斎)一得といわれ,一甫の以前に本松斎一鯨を称える3人の花人がいるが,一得,一鯨,一甫たちが業学したはずの当時の遠州流の花論や技法,伝習心得については,何ひとつ定かでない。明治時代に9代本松斎一甫の活躍が目立つ。昭和14(1939)年に中居一伯が,家元14世を継承している。

(岡田幸三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本松斎一甫(初代)の関連キーワード小堀政和小堀宗通遠州流遠州下谷組玉樹斎千広春草庵一枝竹村鷺庵宮地正人里松庵一寿(初代)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone