本田技研工業[株](読み)ほんだぎけんこうぎょう

  • 本田技研工業

百科事典マイペディアの解説

1946年,本田宗一郎が本田技術研究所として創業。1948年本田技研工業設立。二輪車では世界首位に急成長し,1963年四輪車にも進出。海外進出にも先鞭をつけ,1982年に米国オハイオ州の自動車工場が操業を開始。四輪車では国内最後発だが,独自のコンセプトで次々と新車を開発。その技術力の評価も高く,世界に先駆け排ガス規制対応のCVCCエンジンを開発したことでも知られている。最大の市場は米国で常に輸入車部門の上位に位置している。国内市場でもRV車などの健闘で3位を占めている。2001年1月より通称ホンダとなる。ハイブリッド・カーや燃料電池車などの環境対応技術で先行する。2009年3月期販売台数は四輪車351万台,二輪車1011万台。本社東京,工場和光,狭山,鈴鹿など。2011年3月期売上高8兆9368億円,当期純益5340億円。資本金860億円(2011)。売上構成(%)は,二輪事業14,四輪事業76,金融サービス事業6,汎用事業他3。海外売上比率83%。
→関連項目自動車工業

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

二輪車のトップ・メーカーで,四輪車の生産でも有数の会社。1946年に本田宗一郎(1906‐91)が浜松で個人創業した,内燃機関車両の研究,製造を目的とする本田技術研究所が前身である。通称〈バタバタ〉という,自転車に旧軍隊の小型エンジンをつけたものを発売,大好評を博した。48年,本田技研工業()を設立,二輪車の製造を始め,10月には最初のホンダモーターA型を発売,その後ドリーム号E型(1951),ベンリイ号(1953)と新製品をつぎつぎに発売した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の本田技研工業[株]の言及

【オートバイ】より

…このころから,日本製オートバイがヨーロッパの国際レースで優勝するようになり,性能のよさが世界に認められるようになった。日本のメーカーは,72年以降,シェア順に本田技研工業,ヤマハ発動機(ヤマハの直系子会社),スズキ,川崎重工業の4社であるが,本田,ヤマハ,スズキの大手3社で90%余のシェアをもつ。また世界のオートバイ生産の過半を占め,2位,3位のイタリア,台湾を大きく引き離している。…

※「本田技研工業[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android