本間遊清(読み)ほんま ゆうせい

美術人名辞典の解説

本間遊清

歌人・国学者・本草学者・伊予吉田藩医。字は士竜、号は九江、眠雲、潜斎・消閑子等。伊予生、江戸住。村田春海・古屋昔陽に師事。当時平田篤胤伴信友・游清を併せて和学三大家と称された。歌文に巧みで江戸歌人中屈指。著書に『九江医説』『みつのながめ』等がある。嘉永3年(1850)歿、75才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android