コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本間遊清 ほんま ゆうせい

美術人名辞典の解説

本間遊清

歌人・国学者・本草学者・伊予吉田藩医。字は士竜、号は九江、眠雲、潜斎・消閑子等。伊予生、江戸住。村田春海・古屋昔陽に師事。当時平田篤胤伴信友・游清を併せて和学三大家と称された。歌文に巧みで江戸歌人中屈指。著書に『九江医説』『みつのながめ』等がある。嘉永3年(1850)歿、75才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

本間遊清の関連キーワード本間百里横山由清

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android