コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

札幌医大病院の院内感染問題

1件 の用語解説(札幌医大病院の院内感染問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

札幌医大病院の院内感染問題

同病院高度救命救急センターで、2006年9月から07年6月に入院した患者13人から抗生物質が効きにくい多剤耐性緑膿菌(MDRP)が検出され、60~70歳代の重症患者5人が死亡した。08年2月、同病院が公表した。当初、病院側は「原因は院内感染とは考えにくい」としたが、同年4月の外部の専門家を含めた調査では(1)06年9月~08年1月に重いやけどなどで入院した23人が保菌者や感染者でうち8人が死亡(2)8人中5人はMDRP感染が原因とは考えられない(3)残る3人は病状悪化や死因の可能性が否定できない、とした。

(2010-04-01 朝日新聞 朝刊 1道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

札幌医大病院の院内感染問題の関連キーワード救命救急センター高度救命救急センター救急救命センター救急医療体制小児救急魚沼基幹病院東金市と九十九里町による地域医療センターの県試案1~3次救急県内の救急医療東金九十九里地域医療センター

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone