コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱書き しゅがき

大辞林 第三版の解説

しゅがき【朱書き】

朱で書くこと。
楊弓で、二〇〇本のうち、五〇ないし一〇〇本的まとに当たること。また、その腕前の人。当てた者の名を朱で書いたことからいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朱書きの関連キーワード禁酒で建てた河合谷小送りつけ商法黒旗兵逆修朱記腕前朱書楊弓

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朱書きの関連情報