朱牟田 夏雄(読み)シュムタ ナツオ

20世紀日本人名事典の解説

朱牟田 夏雄
シュムタ ナツオ

昭和期の英文学者 東京大学名誉教授。



生年
明治39(1906)年6月29日

没年
昭和62(1987)年10月18日

出身地
福岡県大牟田市

学歴〔年〕
東京大学文学部英文科〔昭和5年〕卒,東京大学大学院英文修了

主な受賞名〔年〕
読売文学賞(第18回・研究翻訳賞)〔昭和41年〕「紳士トリストラム・シャンディの生涯と意見」,勲二等瑞宝章〔昭和52年〕

経歴
昭和15年神戸商科大学予科、21年一高各教授を経て、26年東京大学教授に就任。42年退官後は中京大学、帝京大学教授を歴任。スターン、フィールディングの研究で知られ、訳書にフィールディングの「ジョーセフ・アンドリューズ」「トム・ジョウンズ」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android