朱 銘(読み)シュ メイ(英語表記)Ju Ming

現代外国人名録2012の解説

朱 銘
シュ メイ
Ju Ming


国籍
台湾

専門
彫刻家

本名
朱/川泰(ジュウ/チュアンタイ)

生年月日
1938

出生地
苗栗

経歴
11人兄弟の末っ子として生まれ、小学校卒業後に雑貨店に奉公。その後、寺院彫刻家に弟子入りし仏具店や家具店で働くが、31歳の時に台湾彫刻界の重鎮・楊英風に現代彫刻を学び作品発表を始める。伝統彫刻とモダニズム彫刻を融合させ、東洋の精神性を独自の手法で表現したダイナミックな作品で知られ、1976年国立歴史博物館で初の個展を開催した際には、半年間の会期延長がなされるほどの評判となった。〈太極拳シリーズ〉で名声を確立し、台湾のみならずアジア、欧米でも高い評価を受けた。’99年台北県金山に野外彫刻美術館・朱銘美術館を創設した。他に、ステンレス、ゴム、スポンジなどの新素材を使った〈人間シリーズ〉などがある。

受賞
福岡アジア文化賞(芸術・文化賞,第18回)〔2007年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android