朴 源弘(読み)パク ウォンフン(英語表記)Park Won-heung

現代外国人名録2012の解説

朴 源弘
パク ウォンフン
Park Won-heung


国籍
韓国

専門
政治家;ジャーナリスト

肩書
韓国国会議員(ハンナラ党)

生年月日
1942/6/11

出生地
京城

学歴
高麗大学(政治外交学)〔1965年〕卒;ハワイ大学大学院〔1969年〕修了;カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院〔1987年〕修了;佐賀大学大学院工学系研究科博士課程

経歴
1964〜69年「韓国日報」外信部記者、’75年「東亜日報」米州編集局長、’92年ロサンゼルスラジオ韓国報道本部長などを歴任。’95年から韓国放送公社(KBS)深夜討論会の司会も務める。’98年ソウル端草区の補欠選挙でハンナラ党から韓国国会議員に当選。2000年16代国会議員に再選。2004年退任し、福岡市の西南学院大学客員研究員に。2005年同大非常勤講師に就任し、日韓比較文化論を論じる。同年佐賀大学大学院工学系研究科博士課程に入学。著書に「解りやすいアメリカの不動産投資」、共著に「在米作家9人随筆集」「コンピューター最初から習う方法」などがある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android