コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朽木[村] くつき

世界大百科事典 第2版の解説

くつき【朽木[村]】

滋賀県北西部,高島郡の村。人口2603(1995)。西は京都府,北は福井県と接する。比良山地北部および丹波高地の東部にあたる標高450~900mの連峰で囲まれ,花折断層に沿って北流する安曇(あど)川や針畑川,北川,麻生川の流域に集落が点在する。町域の9割を山林が占める峡谷型の山村で,古くから木材を京都に供給していた。近年林業生産量は低迷している。かつて盛んであった木炭の生産はほとんど行われなくなり,シイタケ栽培が零細な稲作農業の副業として行われている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

朽木[村]の関連キーワードスズ(錫)カッシーノナジャフペルナンブコ州国営企業等労働組合協議会石狩市の要覧須崎市の要覧トーマス オマリー

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android