コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朽木植昌 くつき たねまさ

美術人名辞典の解説

朽木植昌

江戸前期の大名。丹波福知山藩朽木家初代当主。従五位下、伊予守。幼名弥五郎法号は隆徳院。寛文元年に父の遺領をついで土浦城主となる。寛文九年丹波福知山へ移封天災人災により財政難に陥るが財政改革を行い成功を収める。また25才から60才まで奏者番を勤めた。一流の文化人としても知られる。正徳4年(1714)歿、72才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android