コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朽木綱貞(1) くつき つなさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朽木綱貞(1) くつき-つなさだ

1713-1788 江戸時代中期の大名。
正徳(しょうとく)3年9月16日生まれ。朽木迪綱(みちつな)の子。朽木玄綱(とおつな)の養子となり,明和7年58歳で丹波福知山藩(京都府)藩主朽木家6代。石州流の茶をまなび,書画にすぐれ,地誌「丹波志」を編集させるなど,文人大名として知られた。天明8年5月30日死去。76歳。号は寂了庵星橋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朽木綱貞(1)の関連キーワード総合年表(アメリカ)ラングハンスヤーノシークスペイン領ネーデルラントフリードリヒ1世(3世)ハプスブルク家バークリー(George Berkeley)ビバルディピエモンテロイズ

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android