コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朽木綱貞(1) くつき つなさだ

1件 の用語解説(朽木綱貞(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朽木綱貞(1) くつき-つなさだ

1713-1788 江戸時代中期の大名。
正徳(しょうとく)3年9月16日生まれ。朽木迪綱(みちつな)の子。朽木玄綱(とおつな)の養子となり,明和7年58歳で丹波福知山藩(京都府)藩主朽木家6代。石州流の茶をまなび,書画にすぐれ,地誌「丹波志」を編集させるなど,文人大名として知られた。天明8年5月30日死去。76歳。号は寂了庵星橋。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朽木綱貞(1)の関連キーワード実聞織田信右徳川五郎太内藤政里中村佳山(初代)堀親蔵松平康員水野忠位森川俊孝吉田玄二坊