コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朽網鎮則

美術人名辞典の解説

朽網鎮則

戦国時代の武将。鑑康の子、妻は田北紹鉄の女。左近大夫・左近大夫入道・宗策と称する。天正2年家督を相続。のち日向遠征搦手軍の一員として肥後へ進軍した。天正15年(1587)大友義統の追討を受け、乙津の渡で切腹した。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android