杈・杷・欋(読み)さらい

精選版 日本国語大辞典の解説

さらい さらひ【杈・杷・欋】

〘名〙
① 農具の一つ。地ならしの類。畑の畦(あぜ)をこしらえたり、麦、菜種などの切株などをかきおとしたりする道具。樫(かし)などの長い柄の先に、木や鉄の歯のついたもの。くまで。さらえ。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
② 縁起物の一つ。竹製のくまでに、おかめの面や千両箱、小判などの模造をつけたもの。くまで。〔随筆・守貞漫稿(1837‐53)〕
③ 女性の髪形の一つ。くまでの形に似せて結った髪。
洒落本・穴可至子(1802)「としは二十三四にて〈略〉かみはさらいにむすび」

さらえ さらへ【杈・杷・欋】

〘名〙 =さらい(杈)
浄瑠璃・以呂波物語(1684頃)四「さらへもちたるやまがつが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android