コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉・椙 すぎ

大辞林 第三版の解説

すぎ【杉・椙】

スギ科の常緑高木。日本の特産種で、各地に植林される。幹は直立し、枝には針状の葉を螺旋らせん状に密につける。雌雄同株で、早春開花し、卵球形の球果を結ぶ。寿命が長く、高さ50メートル 以上、径5メートル 以上の巨木となるものもある。材は芳香があって木目がよく通り、軽くて軟らかいので、建築・家具・器具材などとする。また、花粉はアレルギーの原因になることが多い。古名マキ。 〔「杉の花」は [季]春、「杉の実」は [季]秋〕
家紋の一。杉の木を図案化したもの。一本杉・三本杉・杉巴など、種類が多い。
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

杉・椙の関連キーワード竹葉舎杜若

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android