コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉・椙(読み)すぎ

大辞林 第三版の解説

すぎ【杉・椙】

スギ科の常緑高木。日本の特産種で、各地に植林される。幹は直立し、枝には針状の葉を螺旋らせん状に密につける。雌雄同株で、早春開花し、卵球形の球果を結ぶ。寿命が長く、高さ50メートル 以上、径5メートル 以上の巨木となるものもある。材は芳香があって木目がよく通り、軽くて軟らかいので、建築・家具・器具材などとする。また、花粉はアレルギーの原因になることが多い。古名マキ。 〔「杉の花」は [季] 春、「杉の実」は [季] 秋〕
家紋の一。杉の木を図案化したもの。一本杉・三本杉・杉巴など、種類が多い。
[句項目] 杉の標

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android